様々なシーンで利用することが出来るフォトスタジオ

思い出の一枚を残すためにプロに撮影してもらう

サービスを知る

それについてどんな商品やサービスがあるか

これだけデジタルカメラが普及しても、やはり撮影するカメラマンの腕というのは重要です。もちろん、シャッターチャンスを逃さないという意味で、プロ並みの腕をもっている素人もいますが、フォトスタジオという場所は機材もそろっているので、天気に関係なく光の当て方にも注意が払われ安心です。 特にこうしたフォトスタジオで撮影の対象になるのは、「子ども」の節目が多いです。 100日、七五三、入学卒業、成人式は最もポピュラーです。動きが激しく成長の早い子どもの時期の表情を逃さず写真として瞬間を切り取り、かわいいわが子を永遠に残したいと願うためです。そのため、何枚でも着られる貸衣装、ヘアメイクつきのフォトスタジオが多く、撮った写真をモニターで観て、ほしいものを選ぶ方式になっています。長時間の撮影に子どもがぐずらない様、スタッフもそろっています。

それについて類似・競合のものにどんなものがあるか

しかし、チェーンのフォトスタジオが誕生するまでは、写真館がその荷を担っていました。こうした撮影の対象になるのは、こどもの節目もありますが、証明書写真、結婚式の前撮り、結婚記念、銀婚式などの家族イベントもあります。さらに、遺影用の写真まで、需要は様々あります。 また、写真がメインではなく、貸衣装やさんが主催のもあります。こちらは晴れ着の衣装を貸すことの付属として着付やヘアメイクに加え、カメラマンの手配をして、希望者には写真までとるところまでセットにしています。卒業写真などがそうです。 事前に袴や着物を予約しておけば、卒業式のある日の学校でヘアメイクと着付けをしてもらって記念写真をうつし、式後の衣装は脱ぎ捨てで返却できるので好評です。